広告 離婚調停

離婚調停中に不利に働く発言とその対処法

今回は、離婚調停中に不利に働く発言とその対処法についてお話しします。

調停中には、円滑な進行のために適切な言動が求められますが、時には不利益な結果を招く発言が出てしまうことがあります。

そこで、注意すべき発言と、それに対する対処法を解説します。

1. 財産に関する虚偽の発言

調停中に財産に関する虚偽の発言を行うことは、不利益な結果を招くことがあります。

財産の隠し持ちや収入を過小評価する発言は、相手方や調停委員からの信頼を失う原因となり、調停が長引く可能性があります。

対処法: 財産に関する情報は正確かつ適切に開示しましょう。また、隠し持っている財産がある場合は、早期に開示して信頼性を回復することが重要です。

2. 感情的な発言

調停中に感情的な発言を繰り返すと、調停委員や相手方とのコミュニケーションが困難になり、調停がスムーズに進まないことがあります。

特に、相手方に対する非難や罵倒は、調停の進行を阻害する要因となります。

対処法: 調停中は、感情的な発言を控え、冷静かつ客観的な言葉遣いを心がけましょう。また、調停委員や相手方に対して敬意を払う態度も大切です。

3. 子どもを利用した発言

子どもを利用した発言や脅迫は、調停委員からの評価が低くなり、不利益な結果につながることがあります。

子どもを盾にして親権や養育費の交渉を有利に進めようとする行為は、子どもの利益を損なうだけでなく、調停の円滑な進行を阻害します。

対処法: 子どもの利益を最優先に考え、そのための適切な発言や行動を心がけましょう。また、子どもを利用した脅迫や不適切な発言は避け、調停委員や相手方と協力的な関係を築くことが重要です。

4. 自分の過失を隠す発言

調停中に自分の過失を隠すような発言を行うと、信頼性が損なわれ、不利益な結果を招くことがあります。

過失を認めず、すべて相手方の責任に押し付ける態度は、調停委員からの評価が低くなり、円滑な調停の妨げとなることがあります。

対処法: 自分の過失を正直に認め、誠実な態度で調停に臨むことが大切です。また、過失に対して反省の意を示すことで、調停委員や相手方との信頼関係を築くことができます。

5. 他人の悪口や陰口

調停中に他人の悪口や陰口を言うことは、信頼性を失い、調停が不利に進む原因となることがあります。

特に、相手方の家族や友人に対する中傷は、調停委員からの評価を下げる可能性があります。

対処法: 調停中は、他人の悪口や陰口を控え、相手方に対しても敬意を持った言動を心がけましょう。また、調停委員や相手方とのコミュニケーションにおいても、建設的な意見交換を目指し、円滑な調停進行を促すことが重要です。

まとめ

離婚調停中に不利に働く発言を避け、適切な態度で調停に臨むことが大切です。

財産に関する虚偽の発言や感情的な発言、子どもを利用した発言、自分の過失を隠す発言、他人の悪口や陰口など、注意すべき発言に対して適切な対処法を取り入れ、調停の円滑な進行に努めましょう。

こうした注意事項を押さえることで、調停がスムーズに進みます。

[st_af id="139"]

-離婚調停