広告 離婚調停

離婚調停中にやってはいけないことは?

今回は、離婚調停中にやってはいけないことを解説します。

離婚調停は、夫婦間の問題解決を目指すための手続きであり、円滑な進行が求められます。

しかし、調停中に不適切な行動を取ることで、調停が長引いたり、解決が困難になったりする可能性があります。

そこで、避けるべき行動についてご紹介します。

1. 調停委員や相手方に対する不適切な態度

調停委員は、中立的な立場で夫婦間の問題解決をサポートする役割を担っています。

そのため、調停委員や相手方に対して、敬意を欠く態度をとることは避けましょう。

相手に対して感情的になったり、暴言を吐いたりすることは、調停の進行を妨げ、解決が難しくなることがあります。

2. 証拠隠滅や虚偽の証言を行うこと

調停中は、双方が率直な意見を交わし、誠実に対応することが求められます。

証拠隠滅や虚偽の証言を行うことは、調停の信用性を損ない、解決が遠のく原因となります。

また、虚偽の証言が発覚した場合、調停委員の信用を失い、不利益な結果につながることがあります。

3. SNSでの誹謗中傷や情報公開

調停中は、SNSやインターネット上での誹謗中傷や情報公開は避けましょう。

誹謗中傷は、相手方の名誉を傷つけるだけでなく、調停の進行を悪化させる可能性があります。

また、調停中の情報を公開することは、プライバシーの侵害となり、法的な問題に発展することがあります。

4. 相手方へのストーキングや嫌がらせ行為

調停中は、相手方へのストーキングや嫌がらせ行為は厳禁です。

これらの行為は相手方に恐怖や不安を与え、調停の進行を妨げるだけでなく、場合によっては刑事事件に発展することがあります。

法的な問題を避けるためにも、ストーキングや嫌がらせ行為は控えましょう。

5. 情報開示義務を怠ること

離婚調停では、夫婦双方が正確な情報を開示することが求められます。

特に、財産分与や養育費の問題に関しては、収入や財産に関する情報が重要になります。

情報開示義務を怠ることは、調停の進行を遅らせる原因となるだけでなく、信頼性の喪失につながることがあります。

6. 子どもを巡る争いをエスカレートさせること

離婚調停中は、子どもの親権や養育費の問題がしばしば争点となります。

しかし、子どもを巡る争いをエスカレートさせることは、子どもの心身に悪影響を及ぼすだけでなく、調停の円滑な進行を阻害することがあります。

子どもの最善の利益を考慮し、冷静に対応しましょう。

まとめ

離婚調停中にやってはいけないことを理解し、適切な態度で調停に臨むことが大切です。

相手方や調停委員に対する敬意、情報の正確性、子どもの利益を考慮した対応など、調停の円滑な進行に配慮しましょう。

[st_af id="139"]

-離婚調停