広告 離婚調停

離婚調停の流れと弁護士の役割

今回は、離婚調停の流れと、その際に弁護士が果たす役割について解説します。

離婚を考えている方や、すでに調停の手続きを進めている方にとって、参考になる情報を提供できれば幸いです。

離婚調停の流れ

離婚調停は、夫婦間の問題解決のために行われる手続きで、以下のような流れで進められます。

  1. 調停申立て:調停を開始するために、家庭裁判所に調停を申し立てる。
  2. 審尋期日の設定:家庭裁判所が、双方に審尋期日を通知する。
  3. 調停委員の選任:家庭裁判所が、調停委員を選任する。
  4. 審尋:調停委員が双方の意見を聞き、問題解決のための提案を行う。
  5. 調停成立:双方が調停調書に同意し、調停が成立する。
  6. 調停不成立:調停調書に合意できず、調停が不成立となる。

弁護士の役割

離婚調停では、弁護士が重要な役割を担います。

具体的には以下のようなサポートがあります。

  1. 法律相談:離婚調停の手続きや、自分の権利・義務についてアドバイスを受けることができる。
  2. 調停申立書の作成:調停申立ての際に必要な書類を作成し、適切な内容を記載するサポートが受けられる。
  3. 調停手続きの立会い:調停の審尋期日に立会い、交渉や主張のサポートをしてもらえる。
  4. 調停調書のチェック:調停調書に記載される内容が適切かどうかをチェックし、問題があれば指摘する。

弁護士に依頼することで、離婚調停をスムーズかつ適切に進めることが可能になります。

まとめ

今回は、離婚調停の流れと弁護士の役割について解説しました。

離婚調停は、夫婦間の問題解決のための手続きであり、適切な手続きを行うことが重要です。

弁護士は、その過程で大きなサポートを提供してくれる存在です。

弁護士に依頼することで、調停申立書の作成や審尋期日の立会いなど、手続きを円滑に進めることが可能になります。

また、弁護士は自分の権利・義務に関するアドバイスも提供してくれるため、安心して離婚調停に臨むことができます。

離婚調停は、感情的にも精神的にも大変なプロセスであることが多いため、弁護士の力を借りて適切な方法で解決を目指すことが望ましいです。

最後に、離婚調停は一つの手段であり、夫婦間で円満に解決できる場合は、それが最善の方法と言えるでしょう。

[st_af id="139"]

-離婚調停