広告 離婚届

離婚届の書き方と新しい戸籍の作成方法

離婚をする際には、離婚届を提出して手続きを行う必要があります。

離婚届の書き方にはポイントがいくつかありますので、正しく手続きが進むよう注意して記入しましょう。

また、離婚後には新しい戸籍を作成する必要があります。

今回は、離婚届の書き方と新しい戸籍の作成方法について解説します。

離婚届の書き方

1. 離婚届の用紙を入手

まず、市役所や区役所、町村役場などの役所から離婚届の用紙を入手しましょう。

また、インターネットからダウンロードして印刷することもできます。

2. 必要事項を記入

離婚届には以下の項目を記入します。

  • 離婚年月日
  • 夫の氏名、生年月日、現住所
  • 妻の氏名、生年月日、現住所
  • 共同親権者の氏名、生年月日、現住所(共同親権者がいる場合)

3. 印鑑を押す

離婚届には、夫婦双方の印鑑を押す必要があります。

また、戸籍の附票に記載されている住民票コードを記入する欄がありますので、忘れずに記入しましょう。

4. 離婚届を提出

記入が終わったら、離婚届を役所に提出します。

提出が完了すれば、離婚手続きが終了します。

新しい戸籍の作成方法

離婚後、新しい戸籍を作成するためには以下の手続きを行います。

1. 戸籍謄本の取得

まず、離婚後の新しい戸籍謄本を取得するために、役所に出向いて申請しましょう。

必要書類は、本人確認書類(運転免許証や保険証など)と印鑑です。

2. 戸籍謄本を確認

戸籍謄本が発行されたら、内容を確認しましょう。

特に氏名や生年月日、住所などの基本情報が正確に記載されているかどうかをチェックしてください。

3. 戸籍謄本の保管

戸籍謄本は大切な書類ですので、紛失しないように保管しておきましょう。

また、将来的に必要になる可能性があるため、コピーを取っておくこともおすすめです。

まとめ

今回は、離婚届の書き方と新しい戸籍の作成方法について解説しました。

離婚届の書き方にはいくつかのポイントがありますので、注意して記入しましょう。

また、離婚後には新しい戸籍を作成する必要がありますので、戸籍謄本の取得と保管を忘れずに行ってください。

これらの手続きを適切に行うことで、スムーズな離婚手続きが可能となります。

[st_af id="139"]

-離婚届